生物的防除の主役となる寄生性昆虫の研究を化学生態学、行動生態学の両面から行っています。
以下にその概略を説明します。

ハマキコウラコマユバチの寄主探索行動

 チャノコカクモンハマキなど数種のハマキガ科の卵ー幼虫寄生蜂です。
寄主ガは産卵場所としてチャの新葉より旧葉を好む性質が知られており、これと紐づけた寄生蜂による寄主卵塊の発見メカニズムについて、化学成分の識別能力をもとに研究を進めています。

これまでの研究から、寄主ガと同様に旧葉のにおいを選好すること、におい認識にはある特定の成分の組み合わせが必要であること、寄主に産卵された葉にはより高い反応性を示すこと、などが明らかになってきています。

タテスジコマユバチの化学成分認識

 タテスジコマユバチLytopylus rufipes (ハチ目: コマユバチ科)は内部寄生蜂で、ナシヒメシンクイGrapholita molesta (チョウ目: ハマキガ科)の幼虫~蛹を寄主としています。

メイガヒゲナガコマユバチの寄主発見行動の解析

 メイガヒゲナガコマユバチMacrocentrus cingulum (ハチ目: コマユバチ科)は、アワノメイガOstrinia furnacalis (チョウ目: ツトガ科)など数種のツトガ科の幼虫寄生蜂です。長い産卵管を持ち、茎に潜む寄主幼虫に直接卵を産み込みます。本種は、寄主幼虫を発見するために、加害された植物が放出する揮発性物質を利用していることが報告されています。植物由来のどのような物質が寄主探索に影響しているか、またそれ以外の寄主発見行動についての詳細な報告はされていません。現在、化学生態学、行動生態学の観点からメイガヒゲナガコマユバチの行動メカニズムを解明すべく研究を進めています。